対戦

バトルモード

「イクシオン サーガ」ではプレイ可能な対戦形式(バトルモード)として、「今週のエネミー戦」「今週の自由戦」「トレーニング」「新人研修」を選ぶことができます。
詳細は下記の通りです。

 

今週のエネミー戦

「イクシオンサーガ」の世界でプレイヤーと敵対する存在と戦闘するモードです。様々なミッションを攻略することで、プレイヤーは報酬を得ることができます。エネミー戦はチームデスマッチが基本のルールとなり、ミッションによってはパーティーでも参加が可能です。

 

パーティー

 

今週の自由戦

個人でもパーティーでも参加が可能なモードです。

 

パーティー

 

 

トレーニング

実践的な操作の確認と、ターゲットと戦ってアクションの感覚をつかむことのできるチュートリアルモードです。

 

 

 

新人研修

「イクシオンサーガ」を始めたばかりのプレイヤーが、基礎となる動きを覚えるためのチュートリアルモードです。ゲーム中に出された課題を達成していきます。

 

 

 

ルール

バトルモードを選択した後、ルールを選択します。
ルールは「クラッシュ・オア・ビルド」「アタック・ザ・ボス」「チームデスマッチ」「ドミネーション」の4つのうちいずれかが運営チームより配信されています。このうちいずれかを、バトルモードによって選択することが可能です。
(トレーニングは、ルールの選択はありません。)

 

ミッション

ミッションとは、ルールを選択した後の細かい仕様(参加人数やステージなど)を定めたものです。

 

各ルールの詳細
「アタック・ザ・ボス」

味方と敵のチームに分かれ、味方チームのボスを守りながら、敵チームのボスを倒し、より多くのスコアを獲得することが目的の対戦方法です。

 

アタック・ザ・ボスのルール

(1)ボスの選出方法
・「アタック・ザ・ボス」ルールを選択して遊ぶ際、開戦時に各チームからランダムでボスが1名ずつ選ばれます。対戦中にボスが倒された際、ボスが倒されたチーム内のメンバーの中から、デス状態のメンバーを除く1名がランダムで新たなボスに選ばれます。 なお、ボスに選ばれた際、そのプレイヤーのHPやAP、状態異常などはすべて回復します。

 

(2)ボスとメンバーの違い
・各チームには必ずボスとメンバーが存在します。ボスになったキャラの頭上には王冠が表示されるようになります。

・敵チームのボスを倒すことによって、大量にスコアを得ることができます。また、倒した際に得られるスコアは、ボスであるかメンバーであるかによって、差があります。ボスがボスを倒した際に、最も高いスコアを得ることができます。
敵チームのプレイヤーを倒すことでもスコアを得ることができますが、敵チームのボスを倒した時と比較するとそのスコアは少ないものとなっています。

・ボス固有の能力としてダメージを受けてもひるまない「スーパーアーマー」と攻撃力の上昇があります。また、ボスになったプレイヤーは徒歩・駆け足による移動速度が遅くなります。

・ボスには特殊な支援能力があり、「王冠レベル」によって、その支援範囲や、効果が変動します。主な効果は味方の攻撃力上昇などです。

 

(3)王冠レベル
・各チームには「王冠レベル」というものが設定されます。「王冠レベル」はスコアが同点だった場合の勝利条件や、ボスの特殊な支援能力に影響を与えます。

・「王冠レベル」は開戦時どちらのチームも同じレベル・ゲージから始まります。「王冠レベル」は、味方のジンを吸収し、王冠レベル横に表示されている「ゲージ」を満たした際にレベルアップします。味方のボスがジンを取った際には、通常よりも多くたまります。逆に、相手チームに味方のジンを吸収されると、ゲージが減少します。ゲージがたまっていない状態で、ジンを吸収されると、「王冠レベル」がレベルダウンします。敵のボスがジンを取った際には、通常よりも多く減っていきます。

※なお、王冠レベルがレベル1でボスが生存している場合、ジンの吸収の有無にかかわらずレベル2まで徐々にゲージがたまります。

 

(4)勝利条件について

・制限時間内に規定スコアに達した場合、勝利となります。

・また、制限時間内に相手とのスコア差が一定量を超えた場合も勝利となります。


・制限時間内に勝利が決まらなかった場合、タイムアップ時に、相手チームよりもスコアが上回っているチームの勝利となります。

・相手チームとスコアが同じ場合は、「王冠レベル」が高いチームが勝利となります。

・「王冠レベル」も同じだった場合は、歴代のボスが相手チームのプレイヤーをより多く倒したチームの勝利となります。

※なお、以上の勝利条件が全て同じだった場合には引き分けとなります。
 

 

「クラッシュ・オア・ビルド」

敵本拠地の破壊、または、拠点を3つ設営された状態にすること、
あるいは、制限時間終了時に本拠地の耐久値の多い方が勝ちとなります。
画面左上に表示されているゲージが本拠地の耐久値ゲージとなります。
なお、タイムアップ時に本拠地の耐久値が等しい場合は、設営された拠点の数が多い方の勝ちとなります。
※自分が倒された場合は、一定時間後にエリア内のどこかランダムな場所で復活します。

 

「クラッシュ・オア・ビルド」のルール

(1)拠点の設営方法等の説明
・拠点は、緑の光る矢印とサークルで示される拠点領域内に入り、待機することで設営が可能です。
 

・設営中は、設営ゲージで進捗が示され、ゲージがいっぱいになると設営完了となります。 
(自チームは常に青、敵チームは常に赤で表示されます)
 

・拠点領域には、同一チームのメンバーのみが入っている状態でなければ、設営が進行しません。
また、同一拠点領域内の味方の数が多いほど、設営が速く進みます。
※拠点領域内に入っている場合でも、氷結状態と気絶状態の時は拠点領域に入っているとみなさず、無効とします。
 

・設営ゲージは、拠点領域内にプレイヤーが一人もいなくなると一定時間でリセットされ、ゲージは再度ためなおしとなります。
(拠点領域内に、敵味方含め一人でも留まっていれば、両チームのゲージが保持され続けます)
 

 

 (2)拠点の効果
一定間隔で本拠地の耐久値が回復します。

 

(3)勝利条件について
・敵本拠地の耐久値を0にする(破壊する)
・味方拠点を3つ設営された状態にする
・タイムアップ時、自軍本拠地の耐久値量が敵の本拠地の耐久値量を上回る
※タイムアップ時、本拠地の耐久値(HP)が、完全に等しかった場合は、両者敗北扱いの「引き分け」としていましたが、2012/11/15以降は、拠点の数を加味して勝敗を決定します。

 

「ドミネーション」

ステージ内にある拠点領域で拠点を設置し、相手のコストゲージを0にする、
あるいは、制限時間終了時にコストゲージの多い方が勝ちとなります。
画面左上に表示されているゲージがコストゲージとなります。
※自分が倒された場合は、一定時間後にエリア内のどこかランダムな場所で復活します。

 

「ドミネーション」のルール

(1)拠点の設営方法等の説明
・拠点は、緑の光る矢印とサークルで示される拠点領域内に入り、待機することで設営が可能です。
 

・設営中は、設営ゲージで進捗が示され、ゲージがいっぱいになると設営完了となります。 
(自チームは常に青、敵チームは常に赤で表示されます)
 

・拠点領域には、同一チームのメンバーのみが入っている状態でなければ、設営が進行しません。
また、同一拠点領域内の味方の数が多いほど、設営が速く進みます。
※拠点領域内に入っている場合でも、氷結状態と気絶状態の時は拠点領域に入っているとみなさず、無効とします。
 

・設営ゲージは、拠点領域内にプレイヤーが一人もいなくなると一定時間でリセットされ、ゲージは再度ためなおしとなります。
(拠点領域内に、敵味方含め一人でも留まっていれば、両チームのゲージが保持され続けます)
 

 

 (2)拠点の効果
一定間隔で相手チームのコストゲージを削ります。

 

(3)勝利条件について
・敵チームのコストゲージを0にする
・タイムアップ時、自軍コストゲージが敵のコストゲージを上回る
※タイムアップ時、コストゲージが、完全に等しかった場合は、両者敗北の引き分けとなります。

 

「チームデスマッチ」

敵の撃破、もしくは敵のジンを吸収し、敵チームのコストゲージを削ることを目的にした、シンプルな対戦ルールです。

 

「チームデスマッチ」のルール

(1)コストゲージの説明
・各チームにコストゲージが設定されています。味方チームのコストゲージは、味方撃破時、もしくは、味方のジンが敵に吸収された時、減少します。同様に敵チームのコストゲージは敵を撃破、もしくは敵のジンを吸収した時、減少させることが可能です。
 

 

(2)勝利条件について
・敵のコストゲージを0にする
・タイムアップ時、味方のコストゲージが敵のコストゲージを上回る
※尚、タイムアップ時、味方と敵のコストゲージが等しい場合は、双方敗北扱いの引き分けとなります。

 

「新人研修」「トレーニング」

戦闘のアクションや操作を覚えるためのモードです。「新人研修」ではバトル中に出される課題をクリアーすることにより、「トレーニング」では敵チームのNPCを倒してゲージを減らし、ゲージ0にすることにより終了となります。
一番最初に、まず新人研修を受ける事になります。他のモードは新人研修終了後、選択できるようになります。